千葉県白井市 まどか幼稚園

園の風景

最近の記事

6月の水無月
(2017年6月23日)
ふれあい交流会
(2017年6月14日)
稲の生長
(2017年6月 9日)
年長さんのじゃがぼクレープ
(2017年6月 8日)
じゃがいもドーナツ
(2017年6月 7日)
うめの実えんそく
(2017年5月19日)
稲の苗の土づくりと種もみまき
(2017年5月10日)
よもぎのおやつ
(2017年5月 8日)
しいたけの駒うち
(2017年4月27日)
こどもたちの様子
(2017年4月20日)

カテゴリー

月別アーカイブ

6月の水無月 【2017年6月23日】

6月8日は年中さんのきせつをたべよう☆
今回は6月の和菓子、「水無月」です。
170624_1.jpg水無月は小豆をのせた三角形のういろうで、6月30日に食べる和菓子です。
氷が貴重だった頃に氷のかけらを想って三角形に。
小豆には厄除けの意味が込められています。

ういろうの生地をまぜて型に流し込んで...170724_2.jpgあずきをのせて、グラニュー糖をふりかけます。
170724_4.jpg170724_3.jpg20分ほど蒸したら、できあがり!
170724_5.jpg作ったのはくじで水無月にあたった子ども達ですが、食べるのはクラスみんなで一緒に味わいます。
170724_6.jpg170724_7.jpg170724_8.jpg「あんこだ」というお友達に、作った子ども達が「あんこじゃなくてあずきなんだよ」と教えてくれたり、入っている材料について色々お話ししてくれたりする場面もありました。
これで季節の変わり目もみんな元気に過ごせるはずです♪

ふれあい交流会 【2017年6月14日】

6月5日はふれあい交流会。
七次台中学校3年生の皆さん30人が、年長組の子ども達のために楽しい企画を考えてまどか幼稚園に来てくれました。

とんとん相撲を作ったり
170614_ふれあい交流会 (1).jpg170614_ふれあい交流会 (3).jpg色塗りをした魚など海の生きものを使って魚釣りゲームをしたり
170614_ふれあい交流会 (2).jpg170614_ふれあい交流会 (5).jpg170614_ふれあい交流会 (6).jpgわなげをしたり
170614_ふれあい交流会 (4).jpgクラスごとに内容ややり方を工夫してくれ、年長さん達も自然と遊びに夢中に。
どのクラスも個性が光り、とても楽しい時間になりました。

準備から当日まで、すてきな企画を用意してくれた中学生の皆さん、七次台中学校の皆様に心から感謝しています。
ありがとうございました。

稲の生長 【2017年6月 9日】

5月の連休明けに年長さんが稲の種もみをまいてから1週間ほどすると、小さな芽が顔を出してくれました。
170609_1.jpgそれから毎日水をあげて、お日さまの光をたくさん浴びて、稲は少しずつ大きくなっています。
170609_2.jpg170609_3.jpg来週はいよいよ田植え。
小さな苗が無事に田んぼで育ってくれるかドキドキしながら、稲の生長を願って水やりを続けます。
170609_4.jpg

年長さんのじゃがぼクレープ 【2017年6月 8日】

5月25日、年長組の子ども達とじゃがぼクレープを作りました。
今回はかぼちゃのクリームを年長さんがクラス全員で作り、その後きせつをたべよう☆のくじにあたった子ども達がじゃがいものクレープを作るという、2本立ての活動です。
170608 (1).jpgかぼちゃのクリームを作り終わった子ども達がけやきルームに集まり、クレープ作りのはじまり。

生のじゃがいもをおろし金ですりおろして、クレープの生地に混ぜて...
170608 (2).jpg170608 (3).jpgお玉一杯ずつ生地をホットプレートに流します。
170608 (5).jpg170608 (4).jpg生地が出来上がったら、またクラスに戻り、全員でクレープの盛り付けに挑戦します。
かぼちゃのクリームを塗って、くるくると細く巻いたり、ぱたんと折ってミニクレープを作ったり。
170608 (9).jpg170608 (6).jpg170608 (7).jpg170608 (8).jpgじゃがいもとかぼちゃが合わさったじゃがぼクレープ、みんな大満足だったようです♪

じゃがいもドーナツ 【2017年6月 7日】

5月23日、たんぽぽ組の子ども達ときせつをたべよう☆をおこないました。
新じゃがの収穫がはじまる季節ということで、今回のメニューはじゃがいもドーナツです。
170605 (1).jpgまずはじゃがいものお話を聞いて、じゃがいもがどこでどうやって育つのか、どんな食べ物になるのかを知ります。
170605 (2).jpgじゃがいもをつぶして、ホットケーキミックスとおさとう、牛乳、片栗粉を加えてわらにまぜて...
170605 (3).jpg生地をおだんごのように丸めたら、油であげて完成です。
170605 (4).jpg170605 (5).jpg香ばしいじゃがいものドーナツ、クラスのみんなでおいしく食べました♪
170605 (6).jpg170605 (7).jpg

うめの実えんそく 【2017年5月19日】

5月12日、預かり保育の子ども達と七次第一公園へうめの実えんそくに出かけました。
170519 (2).jpg今日の遠足の主役は、うめの実。
公園に到着したら、おやつを食べながら、うめの話を聞きました。
ピンクや白のうめの花からできるうめの実はどんな色なのか...みんなで想像してみます。
170519 (3).jpg少しだけ遊んでから、みんなでうめの木の丘に出発。
丘に近づくと、ひとつ、またひとつと足元に転がるうめの実を見つけました。
丘を登るごとにうめの実が増えていき、見上げるとうめの実がたくさんなっているうめの木と出会いました。
170519 (4).jpg170519 (5).jpg170519 (1).jpg良い香りがするうめの実、傷がなくふっくらしているうめの実、それぞれ好きなうめの実を探して、みんな夢中でうめ拾い。
あっという間にかごがいっぱいになりました。
170519 (6).jpg170519 (7).jpg170519 (8).jpgおいしいうめの実がお店に出る頃になったら、今年も子ども達とうめの実でおいしいものを作ろうと思います♪

稲の苗の土づくりと種もみまき 【2017年5月10日】

毎年まどか幼稚園では、年長さんがまどかガーデンで稲を育て、お米づくりに挑戦しています。

宮城県で生きものとの共生を考えたお米作りをされている雁音農産さんから、今年も種もみや肥料をいただき、4月の終わりに苗を育てるための土づくりをおこないました。

稲の話、種もみの話、土と肥料の話を聞いてから...
170510_1.jpg170510_2.jpg順番に土と肥料を混ぜていきました。
170510_3.jpg170510_4.jpg170510_5.jpg土が完成したら、水をたっぷりあげて、種もみをまいて、太陽の光をたくさん浴びてもらいます。
無事に芽を出してくれますように。

よもぎのおやつ 【2017年5月 8日】

春は体にうれしいおいしい食べものがたくさんありますが、春の味といえば何をイメージされるでしょうか?

ここ数年、まどか幼稚園が春の味として欠かせないものは、よもぎです♪
まどか幼稚園にも、まどかガーデンにも生えてくるよもぎは、まだ葉が若く柔らかい春が食べごろ。
おいしいだけでなく、万能薬と言われるほどたくさんの効能があります。
雑草の1つとして見逃していることも多いかもしれませんが、空き地や道端など身近な所に春の味が隠れているのです。

この時期にしか味わえないよもぎを楽しむべく、今年も預かり保育のおやつとしてよもぎを使ったおかしを作りました。
170508_1.jpg4月25日はよもぎのぱんけーき。
パンケーキの生地によもぎを混ぜあわせて、1人1枚ちいさなパンケーキを焼いて食べました。
170508_2.jpg170508_3.jpg170508_4.jpg170508_5.jpg170508_6.jpg4月27日はよもぎだんご。
白玉の生地によもぎを混ぜてころころ...みんなが得意なおだんご作り。
茹で上がったらつまようじにさして、できあがりです♪
170508_7.jpg170508_8.jpg170508_9.jpg170508_10.jpgよもぎの香りやよもぎの味を体験することで、自然の中にあるきせつの食材に気付いて、それを楽しむ気持ちを育むことが出来たらと思います。
よろしければご家庭でもぜひお試しください♪

しいたけの駒うち 【2017年4月27日】

4月下旬、幼稚園でしいたけの駒うちに挑戦しました。
170424_0.jpg駒を打つ原木は、宮大工の武藤さんからいただいたクヌギの木。
穴を開けて、しいたけの菌糸が培養された駒を打ち込みます。
170424_1.jpgまだうっていない穴を見つけては、駒を差して、ハンマーでたたいて...
みんなで協力すると、あっという間に打ち終わりました。
170424_4.jpg170424_2.jpg170424_3.jpg駒をうった原木は、しばらくの間保温・保湿されるようにして、しいたけ菌が原木に広がりやすいようにします。
その後は風通しのいい日陰で寝かせて、あとは気長に待つと...1年後にはしいたけと出会えるはずです。
おいしいしいたけが育ってくれますように。

こどもたちの様子 【2017年4月20日】

入園、進級をしてから1週間がたちました。
まだ緊張気味な子や、お母さんと離れてさみしくなる子もいますが、子ども達はみんなそれぞれ新しい生活の中で力いっぱいがんばっています。
170420_1.jpg朝は手をつないで登園。
年長の子ども達は小さな年少さんの手をひいて、階段を登る足元を気にしたり、泣いている子の心配をしたり。
170420_3.jpg年中の子ども達も、にこにこで年少さんのお手伝いをしてくれます。
170420_4.jpgクラスに着いたら、出席ノートを出してシールを貼ったり。
170420_5.jpg170420_6.jpgお部屋での遊びに入っていくお手伝いをしてくれたり。
170420_7.jpgカメさんと仲良くなる方法を教えてくれたり。
170420_8.jpg年少の小さな子ども達に、まどか幼稚園を大好きになってもらえますように。
年長さんも年中さんも、みんなで見守っています。

TOP